top of page
検索
  • 執筆者の写真takedagyousei2011

コロナの影響で会社の業績が悪化したことで解雇・待機となってしまった外国人の方へ ~生活を守るための方法~

1、現在の在留資格のまま「資格外活動」許可を得られます。 ⇒週28時間以内でのアルバイトが認められます。


2、世帯主の方の収入が大幅に減ってしまった場合、給付金を受けられる場合があります。 「生活支援臨時給付金(仮称)」 https://www.soumu.go.jp/…/gyoumukanr…/covid-19/kyufukin.html

3、会社都合で解雇された場合、失業手当を受けられる場合があります。 ⇒要件を満たせば、ハローワークで申請できます。 https://www.hellowork.mhlw.go.jp/insur…/insurance_guide.html

※自己都合の解雇・退職、有給での待機は含まれません


複雑な日本の制度でよくわからずお困りの場合、お気軽に竹田紘己行政書士事務所へお問合せ下さい。

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

東京都行政書士会の処分について

弊所のホームページをご覧の皆様へ⼤切なお知らせ 本日現在、東京都行政書士会において、当職に対して処分が出されていますが、東京都行政書士会の処分の理由にあるような事実は存在せず、事実無根によるものになります。 殊に本件処分は、当職に対して具体的な案件の特定がなく、具体的な案件の明示を求め続けるもそれが伏されたままで行われたものであり(被処分者である当職に対してさえ、ホームページに記載された漠然とした

雑誌取材のご案内です!

竹田紘己行政書士事務所が『B.S.TIMES』企画の取材を受けましたので、よろしければご覧ください。 https://bs-times.com/vol34/17.html

ゴールデンウィーク中の休みについて

こんにちは!竹田紘己行政書士事務所です、皆様ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか? 竹田紘己行政書士事務所は、感染拡大防止策に倣い、5月6日(木)、7日(金)を休みとし、業務再開は5月10(月)を予定しております。 電話が繋がりませんので、お急ぎの方は、office@takedagyousei.jp までご連絡願います!

Comments


bottom of page